argentvivo

シンプルな自分、生活を目指す2児の母ブログ。

【イマドキ女の子おしゃれな普段着】~制作秘話パート2~  

こんにちは、masaracchiです(^▽^)/

昨日に引き続き
【イマドキ女の子おしゃれな普段着】
~制作秘話パート2~ 

只今予約受付中です♪↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イマドキ女の子のおしゃれな普段着 [ 堀後雅美 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/3/27時点)




~人気作家さん VS masaracchi~編

著書本の依頼を引き受けたmasaracchi
期待と不安が入り混じって
その夜はなかなな寝付けず
次の日は案の定寝不足気味
朝からいつもより濃いめのコーヒーを入れるも
変なスイッチが入っている私は
眠気など一切感じていなかった

程なくして電話が鳴る

編集の方からだった

内容は本のアイテムを何に絞るかという事
男の子と女の子服
男の子服
女の子服
大人服

編:「masaracchiさんの得意分野はどれですか?」と聞かれ

ma:「男の子と女の子服です」
  「ユニセクシャルな感じが一番得意と言うか、好きです」
とハッキリと自信を持って答えた
何度か私のデザインは「かっこ可愛い」と
言っていただいた事があるので
これで間違いはないと思う・・たぶん

とうとう始まった
もう後戻りはできない
まずはデザインを考えないと・・・

と思っていたら編集の方からメールが

「男の子と女の子服」は
同時期に人気作家さんの本が出版されるので
女の子服に絞った方がいいかと思いますが
どうします?との事

∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

人気作家さんとバッティングする・・・
私は間髪入れずに
「女の子服」に変更しますと返信した

人気作家さんと戦う気などさらさら無い!

と言うより
人気作家さん VS masaracchi って
嵐 VS ジャニーズジュニアとか
横綱稀勢の里寛 VS 幕下みたいなもんでしょ
冗談よしこちゃんよ~
無理無理無理!絶対無理!
masaracchiの辞書に「プライド」の文字は無いのである

ただ、私はがっつり女の子服はちょっと自信が無いので
カジュアルだったりボーイッシュだったり
そんな感じをデザインなり選ぶ生地だったりに
入れてもいいですか?と聞いてみた

編集の方からの返事は
「それでは、masaracchiさんが考えるTHE女の子服」で
お願いしますと言われました

「THE女の子服」だけなら尻込みしていたと思うけど
「masaracchiさんが考える」を入れていただいたので
ちょっと一安心

そしてすぐさま鼻息荒く
「masaracchiが考えるTHE女の子服」の
デザイン画に取り掛かった

目標デザイン画数35~40点だぁ!!

つづく


全国の
勝てないケンカはしない平和主義の方
ヘ(__ヘ)☆\(^^;ヘイワシュギチャウ
「プライド」って何?って方
masaracchiに愛と勇気の
↓ポチっをお願い致します♪

にほんブログ村


にほんブログ村  

category: イマドキ普段着制作秘話

tb: 0   cm: 0

【イマドキ女の子のおしゃれな普段着】~制作秘話1~  

こんにちは、masaracchiです(^▽^)/

pattern shop cozy初の著書本が
発売されます!
発売日は3/30日
只今予約受付中です♪↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イマドキ女の子のおしゃれな普段着 [ 堀後雅美 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/3/27時点)



ひゅ~どんどん♪パフ♪パフ♪

とは言え
ただ浮かれて
小躍りしているわけではありません
もちろんすっごく嬉しいですが
その反面プレッシャーも半端ないわけで。。。
微妙な精神状態の中ブログを更新しています


きょうは本が完成するまでの制作秘話1
~どうする!オレ~編です

ある日の朝
いつものようにコーヒー片手に
メールのチェックをしていました
ふと1件の見慣れないメールに目が止まり
記憶が呼び覚まされる

「あ~♪前にお世話になった日本ヴォーグ社の担当さんだ!」

「載せまっせ」詐欺Σ(゚口゚;)// 」 ←この時お世話になりました

「なんやろか?」

メールを開き
内容を読み進めるうちに
手が小刻みに震えだす・・・
その内容は著書本の依頼

「著書・・・本て・・・・・マジですか」(・・;)

確かに前回のメールで
「いつかcozyさん著書の本が出せたらいいですね~」
の文章に
「その言葉だけで私ご飯3杯は食べれますよ!」
的なお返事をした記憶が。。。

でも、私もそれなりに
いろんな経験をした大人なので
小さな期待はしつつも
9割方は社交辞令かな・・・と
世の中そんなに甘くないってね

なのでメールを何度読んでも信じられず
挙句の果てには
ハッ!(`ロ´;)「どっきり」ちゃうかっ!!と
あちこち隠しカメラを探して回ったり

小一時間程
ウロウロして
頭の中を整理し
やっと冷静さを取り戻しました

そして脳裏をよぎるのは
この前と違って
(前回の本は9人の作家さんが集まって作った本)
著書って事は一人で背負うって事よね。。

プレッシャーが半端ない・・・
お得意の他力本願が使えない・・
どうする・・・・オレ・・・って感じ・・・
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


でもきっと
私の人生でこんな光栄な事は2度と無い!と思い
腹をくくりました!!
masaracchi清水の舞台から飛び降りる!です


そして意を決して
担当の方に「是非やらせて下さい」と
お返事させていただきました


腹をくくったにもかかわらず
その時キーボードを打つ手が
小刻みに震えていた事は
ここだけの秘密です
いや、ほんまプレッシャー半端ないって(´・艸・`;)ぁぁぁ


つづく


全国の小心者のみなさま
masaracchiに愛と勇気の
↓ポチっをお願い致します♪

にほんブログ村


にほんブログ村  

category: イマドキ普段着制作秘話

tb: 0   cm: 0